日頃から「骨密度」を高め、健康的な毎日を!
骨密度|牛乳に相談だ

日本人の食生活で不足しがちな栄養素をして「カルシウム」が挙げられます。

これは世代や性別を問わず共通の話題となっており、厚生労働省も「日本人の食事摂取基準

において、「増やすべき栄養素」の一つにカルシウムを挙げています。

 

カルシウムは骨の成長に大きく関係し、この骨の健康状態を「骨密度」という

指標で計ります。骨密度は20歳ぐらいでピークを迎えて、年齢とともに少しずつ減っていきます。

特に女性の40代後半は、骨を守る役も果てたす女性ホルモンの減少に伴い急速に減り始めます。

 

さらに、恐ろしいことに血液中のカルシウム濃度が減ると、それを補うために骨が溶けてしまうのです。「骨粗症」何ていう3回行ったら舌をカミそうな病気にならないためにも、

10代のうちに骨量を十分に増やして貯金しておくことと、日々のカルシウムの摂取がかけません。

 

家族の骨がヘナヘナだと、何かと心配になりませんか?

骨太で強く明るい家族を築ために、今から骨(コツコツ)と骨密度を高めることが大切。

毎日1杯の牛乳を食卓に並べて、家族全員の骨を強化しましょう。