牛乳にまつわる誤解を解決!毎日飲もう

みなさんの中にも「牛乳は栄養価が高い>カロリーが高い>飲むと太る」

というイメージを持っている人が多いと思いますが、それは大きな誤解です。

 

前頃で述べたように牛乳は「栄養素密度」が高く、

少ないカロリーでう効率良く様々な栄養をとることができます。

さらに、牛乳摂取量が多い人ほど体脂肪が低いという調査効果もあり、

「牛乳は太る」という定説はすでに過去のものとなっています。

 

しかも、「牛乳を飲むとコレステロールが上がる」ということももちろん間違い。

牛乳100gに含まれすコレステロールはわずかに12mg。

これは男性750mg、女性600mgという1日摂取目標においては微々たる量なんです。

また、牛乳の摂取量が増えるによって、

血中の余分なコレステロールを肝臓に運ぶ機能を持つ善玉コレステロールが増加したという報告もあります。

 

牛乳に対する間違ったイメージを正し、その優秀な効能をきちんと理解すること。

家族の健やかな未来のために、もっともっと積極的に牛乳を飲んでいきましょう。